iPhoneの凄さ

スマートフォンの代表機種と言えばiPhoneです。2007年の登場以来、その外見はiPhoneを形取ったものとなりました。以前のスマートフォンはハードウェアキーボードを搭載したものが主流でしたが、ソフトウェアキーボードとタッチスクリーンを組み合わせたiPhoneの登場によって、一気にそれが主流派になっていったのです。

また、使用しているOSが優れていたというものもあります。SymbianOSを搭載したエリクソンE380、そして、天下のマイクロソフトが開発しWindowsMobileのOSもiPhoneに比べると使用性が難しく、多くの人がiPhoneを選んだという経緯があります。ここからAndroidとiOSの2大派閥としてスマートフォンのオペレーションシステムは確立します。このように、使用するOSによってスマートフォンの命運が分かれたと言っても過言ではありません。

さらに、次々と新しい技術革新を進めていったということも注目されるポイントでしょう。近年ではホームボタンの廃止とFace IDの導入が挙げられます。これはユーザーの間でも賛否両論が分かれるところでしたが、iPhoneの開発は常に10年先を見据えているため、このような機能が後のスタンダードになるかもしれません。