スマートフォンの歴史

現代社会の生活にはもはや欠かすことのできない存在とも言えるスマートフォン。以前は使いこなすことが出来るのは若者だけという認識もありましたが、今では高齢者であっても日常的に使いこなしてる場面を見かけることは珍しくありません。では、そのスマートフォンの歴史にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、スマートフォンの元祖と呼ばれる機体についてですが、IBM社の「SimonPersonalCommunicator」という説が有力です。しかし、この頃はまだスマートフォンという呼び方が定着しておらず、エリクソン社の「R380」から使われ始めたと言われています。スマートフォンの存在を世の中に知らしめたのがApple社の「iPhone」です。この登場は世間を震撼させ、あっという間に携帯市場を独占し始めます。このような状況に、当時「ガラパゴス」と呼ばれるほど国際社会から鎖国状態だった日本の携帯市場も開国を余儀なくされたのです。このiPhoneの独占状態に今歯止めをかけているのが「Android」です。Androidは世界中どの企業でも開発ができる環境にあるため、多くの人が利用しています。

スマートフォンの歴史を知るということは、近年の人類がどのような形で発展してきたかを知るきっかけになります。技術革新の面でもどんなブラッシュアップがされてきたのかを知ることによって、今の時代を生き抜くヒントになるでしょう。